6次産業化の事例

6次産業の事例

6次産業化・農商工連携

農業の6次産業化とは、地域資源を活用した新規事業の創出と農業者の所得向上を図るため、第1次産業である農業、第2次産業の製造・加工、第3次産業の流通・販売を一貫して行うことを言います。
最近では、6次産業化を農業者のみで行うのではなく、農商工連携を図りながら、農業者と商工業者等が通常の商取引関係を超えて協力し、お互いの強みを生かして魅力的な新商品や新サービスの開発が進められています。

 

いちじく味わいセット

堺のめぐみプロジェクト「いちじく味わいセット」

「堺市」で育った「食物」をより美味しくお客様に届けたい。
その想いが「堺のめぐみプロジェクト」をスタートさせました。

※「さかいのめぐみプロジェクト」の名称は当該企業グループの命名です。